小原流のご紹介

小原流は19世紀末、小原雲心(おはらうんしん) が「盛花(もりばな)」という新形式のいけばなを創始して、近代いけばなの道を開いたことに始まります。

「盛花」は、口の広い器(水盤)に材料を「盛る」ように花を展開させるもので、それまでのいけばなの、いわば線の動きを主にした構成にくらべ、面的な広がりを強調したところに特徴があります。今ではおなじみの水盤と剣山を使ういけばなは、小原流が始めたものです。

創流してから1世紀、その時代の生活様式の変化にともなって盛花を基本に、現代空間にふさわしいいけばなを生み出してきたのが小原流です。

いけばなの技術は、段階を追って無理なく会得できるようなカリキュラムが制定されています。

いけばなについて

一般的な「いけばな」のイメージというと、床の間に置かれた純和風のお花、というところでしょうか。いろんな流派があって、家元がいて、なんだか堅苦しそうな感じ、と思われるかもしれません。

しかしいけばなそのものは、その時代時代にふさわしいものとして、常に変化をとげています。

 

 

カリキュラム

小原流いけばなには、たくさんの表現方法があります。それを段階的に身につけていただくために、小原流では次のようなカリキュラムをもうけて、いけばなの技術を習得できるようにしています。

カリキュラム詳細

お問い合わせ

TEL:077-572-9693


 月曜日~金曜日
 14:30~21:30

 

お問合わせはこちらから